あっ日穀製粉のそばの国だより

豊かな自然に囲まれたそばの国信州から、日穀製粉が様々な情報をお届けします。

2017/07/04

そば栽培観察日記 in 軽井沢工場

今年も弊社・軽井沢工場にて観賞用そばの栽培を始めました!

工場の出入り口脇の土地の整備を4月下旬から開始し、5/17(画像:左下)に播種を致しました。
播種してから6日後(5/23)の画像が右下です。発芽した小さな芽が手前から奥に向かって、うっすら緑色の絨毯を作りはじめました。
blog_170627_01.jpg
そばは、播種から発芽までがおよそ5日、発芽から開花までがおよそ30日と成長が早い植物として知られています。
また、痩せた土地でも栽培が可能なことから、「ばら蒔き」で播種し肥料なども与えておりませんがあっという間に成長していきました。

blog_170627_02.jpg
苗同士の密度が高い場合は食用であれば間引く作業を行いますが、観賞用の為行いません。その代わり、たくさんの花が期待できそうです。
上段の画像(5/31)と下段の画像(6/7)は1週間ほどの違いですが、地面が見えなくなるほど成長しました。

播種から35日目を迎えた6/21(水)に、花が咲き始めました。
そばはハート形の葉と白く小さな花をつけるのが特徴です。また、そばは倒伏しやすい植物でもあるのですがここまで目立った倒伏は見られずく順調に成長し開花の日を迎えました。
blog_170627_03.jpg


一面が白い花で覆われ、背丈も60cm程に成長しました。
blog_170627_04.jpg
6/26には畑全体がそばの花で満開となりました。

昨年と同様に、ここまで順調に成長し綺麗な花を見せてくれている、そばの花畑。
ハチミツを目当てに来ているのか、ミツバチの姿も時折見かけるようになりました。
今後も引き続き、畑の状況を見守りたいと思います!

2017/06/27

2017日穀筍狩り開催

毎年恒例の会社行事【筍狩り】が6/17(土)に開催されました!
blog_170620_02.jpg
県内も今月初旬に梅雨入りしましたがここのところ雨が少なく、「幸か、不幸か?」当日も快晴に恵まれました。
(晴れたことは"幸"なのですが...)
朝6時に参加者一同集合し、いざ長野市から東に位置する高山村の某山へ。

1時間ほどで到着し、いよいよ筍狩り開始です。
参加者各々が密集した竹をかき分け、道なき道を進みました。
私も暫くして、ようやくこの日1本目の筍"根曲がり竹"を発見!
※初夏を迎えた北信濃で「たけのこ」、と言えばこの「根曲がり竹」です。
blog_170620_03.jpg
前述のとおり、今年の梅雨は今のところ雨が非常に少なく、竹藪の中は例年にないほど乾燥気味。(普段の年なら朝露でビショビショになるほどです)
服が汚れずに助かったものの、筍自体は小さいものが多く、土から顔を出している数も少ない印象でした。(ここは"不幸"な部分です...)
blog_170620_01.jpg
でも、頑張って収穫した筍を見ると喜びも感じますね!

一同無事に筍狩りを終え、お昼前に山を下りてBBQ会場(弊社・長野営業所)へ。
blog_170620_04.jpg

収穫した筍はさっそく天ぷらにしてもらいました。
blog_170620_05.jpg
天ぷらには自社商品である「花ころもライト」を使用。外はサクサク・中はホクホクに揚げがった絶品天ぷらはあっという間に皆の胃袋へ!
花ころもライトの情報はこちら

筍料理やお肉、新鮮な野菜の他にも、多くの差し入れをいただき、豪華なBBQを一同で楽しむことが出来ました。
他部署の社員同士の貴重な交流の時間もあり、お腹も心も大満足。
blog_170620_06.jpg
北信濃の旬の味覚を存分に味わった週末。
また来年の開催を楽しみに日々業務に取り掛かりたいと思います!

2017/06/14

軽井沢新緑会

先日、本社・軽井沢工場合同で室内スポーツとBBQを楽しんでまいりました!

朝9時。軽井沢工場近くの体育館に到着。
車を降りて外に出るとお昼からのBBQが非常に楽しみな、心躍るような素晴らしい天気!
blog_170602_01.JPG

BBQの前に、まずは体育館へ。
準備運動を済ませて、ソフトバレーやバドミントンなどで汗を流しました。
blog_170602_02.JPG
仕事中の普段の様子と違い、スポーツをしているときは顔つきも朗らかで、終始笑い声が絶えず、あっという間に時間が過ぎていきました。

ただ、想像以上に体力を消耗したのと、食欲が徐々に勝り始め、少し早めに切り上げて工場へ移動することに。
朝から快晴は続いており、軽井沢工場からは雄大な浅間山を拝むことが出来ました。
(ご紹介が遅れましたが、こちらの軽井沢工場は、主にそば茶関連商品の製造を担っております。)
blog_170602_03.JPG

さっそく準備に取り掛かりますが、事前に先回りして準備をしてくださっていた工場の方々がいました。
あっという間に火がおきて、次々にイスや机が出そろい、食材もそろって・・・。
段取りが良く、とってもスピーディーで軽井沢工場の方々のチームワークの良さが輝いておりました。(ありがたや、ありがたや)

いよいよ、お待ちかねのBBQ開始です。
まずは元料理人という肩書を持つ、Sさんの焼く「牛タン」が登場!
blog_170602_04.JPG
この写真を見るだけで、食べた時のことを思い出してお腹がグーグーなってます...。

牛タン以外にも、カルビ・ロース・ホルモン・鶏の手羽先・ジンギスカンなどなど。
お肉が好きな人にはたまらないひと時になりました。
blog_170602_06.JPG

途中、即席のゴルフ教室なんかもあり、皆思い思いに昼下がりの時間を楽しみました。
blog_170602_05.JPG

体を動かしてリフレッシュ。
食べて・飲んで・話して。とにかく楽しい時間を全員が笑顔で過ごしました。

最後は全員で協力して片付けをし、解散。
初夏の良い思い出+交流会となりました。
また次回もぜひ参加したいと思います。皆様ありがとうございました!!
blog_170602_07.JPG

2017/05/23

会社説明会を開催しました!!

4月25日と5月9日に会社説明会を開催しました。

私たち人事部も、大きな会場で行われる合同企業説明会では会社について説明をいたしますが、なかなか詳しい話は出来ません。
そんな訳で、今回の会社説明会では実際に学生の方に会社や工場に足を運んでいただき、
社長をはじめ取締役から会社の概要説明を行い、更に先輩社員から各々の仕事について詳し~く説明をしてもらいました!
blog_170519_01.JPG

松本工場では、開発本部・品質管理部・品質保証部・そば製造部の4名の先輩が、日々取り組んでいる業務の説明や職場の雰囲気について説明しました。
blog_170519_02.JPG
先輩社員の話を聴く学生さんたちの表情は真剣そのものです。そして・・・やはり数十人からの視線を受ける先輩の皆さん、大変緊張しています。

午前、午後と無事に2回の説明を終え、いつもどおり笑顔の先輩に戻れました。
blog_170519_03.JPG

本社では長野営業所・食品企画部・総務部・業務部の先輩が、説明をしました。
その前に・・・まずは社長からご挨拶。学生さんたちの目が一瞬で変わりました。 
blog_170519_04.JPG
実は・・・
終了後に学生さんからアンケートを提出してもらったのですが 『 印象に残ったものは何ですか? 』 と言う問いに " 社長の挨拶 " と回答した方が結構多かったのです。

さあ、社長の熱い挨拶を受けて、いよいよ先輩たちの出番です。
blog_170519_05.JPG

やはり先輩方、緊張していますが、数十人の視線を浴びながら、一生懸命自部門の業務内容を説明します。
blog_170519_06.JPG

こちらも午前、午後と無事に説明を終え、やっとリラックス。
運営を手伝ってくれた新入社員と記念撮影の頃には、すっかりいつもの笑顔に戻っていました。
blog_170519_07.JPG
毎年感じることですが、学生の頃から社員を見てきた人事担当としては 「 みんな立派に成長したなぁ 」 と、本当にうれしい限りです。

学生の皆さん、日中はかなり暑くなってきましたが体調を崩さぬよう注意しつつ、就職活動頑張ってください。

2017/01/19

炎の攻防戦!野沢温泉村道祖神まつり

2017年1月15日。
長野県野沢温泉村で開催された「道祖神祭り」に行って来ました!

【野沢温泉村の道祖神祭りとは】
村の平和・初子の祝い・良縁祈願・厄祓いなどを祈念して行われるお祭りで国の重要無形文化財に指定されています。
・そもそも道祖神ってどんな神様?
村落の境や村の中心に祀られ、災厄や悪霊の侵入を防いで子供の成長や子孫繁栄などをもたらす守り神のことです。野沢温泉村では1本の丸太をご神体にし、男女一対の手づくりの道祖神が村のあちらこちらで祀られています。
・お祭りには誰が参加できるの?
数えで42歳と25歳の本厄の男性が祭りの主役です。
祭りの前日から手作業で作られた社殿の上に42歳が上がり、下には25歳が待ち構えます。火をつけようとたいまつを手に押し寄せる村人たちからおよそ1時間半もの間、必死に社殿を守ります。野沢温泉で男として生まれ育ったからには誰もが通らなければならない伝統行事。この祭りに参加したことでやっと「一人前の男」として認められるのだとか。
故に村人のみに参加が認められたお祭りです!

いざ野沢温泉村へ!
ここ数日の大雪の影響で長野市街地でも1月16日現在でおよそ30cmの積雪が。途中、ツルツルガタガタの道路に悪戦苦闘しながら、1時間半ほどしてようやく到着。
せっかくここまで来たので温泉にゆっくり入ってから祭りを見物するという計画でしたが、大雪で遅れてしまったため直接会場へ。

前年まではかなり後ろで見ていたため、人が多すぎてよく見えないこともあったのですが今回は出来るだけ近くで見ようと必死に場所を移動。
良いポジション(社殿の真横)を陣取ることに成功!
blog_170116_01.JPG
こちらが祭り前日の朝から全て手作業で組み立てられた社殿。釘や針金等は一切使われていないそうです。
この写真のように、上には厄年の42歳の男性が登り(後ろにあるハシゴで上り下りします)、歌で祭りを盛り上げ、下には同じく厄年の25歳の男性が陣取って社殿を村人から守ります。

炎の攻防戦がスタート!
「火ぃ~、持って来い!火ぃ~、持って来い!」
社殿の下の男性陣から大きな掛け声がかけられ、
午後8時半をまわり、いよいよ「火付け役」である村人とこれを防ぐ厄年の男性陣との間で激しい「炎の攻防戦」が始まりました!
blog_170116_01.gif

最初は子供も参加していて穏やかな雰囲気でしたが、徐々にヒートアップ!

たいまつを持つ大勢の村人たちが次から次へと社殿に押し寄せます。
必死に火をたたき消す社殿下の男性陣は全員が髪の毛が焦げ、顔はすすで黒くなり、疲れ果てた表情をしていました。

雪が降り続き、多くの見物客が見守る中、祭りは徐々にクライマックスへ近づいていきます。
blog_170116_03.JPG

blog_170116_04.JPG

いよいよクライマックスへ
午後10時過ぎ。
大変な盛り上がり見せた、壮大な炎の攻防戦は双方の手締めによりお開きとなり、社殿に火が入れられました。
雪に覆われた村は勢いよく燃え上がった社殿があるこの広場だけ、何か特別な雰囲気に包まれているようでした。
blog_170116_05.JPG

燃え上がる炎は風に舞いながら火の粉を散らし、やがて空高くまで燃え上がり、最後は社殿を燃え尽くしました。
blog_170116_06.JPG
大雪の中の移動に加え、3時間凍った地面の上で立ち続けたため帰る頃には心身ともに疲れましたが、帰りの車中は祭りの話で盛り上がり、なぜか心は晴れ晴れしていました。

見ているだけでも勇気や元気をもらえる、野沢温泉村の道祖神祭り。
また来年も訪れることが出来ますように!