あっ日穀製粉のそばの国だより

豊かな自然に囲まれたそばの国信州から、日穀製粉が様々な情報をお届けします。

2014/10/10

ニッコクグラフ第21号 ~知らずに悔しい、はやそばの話~

こんにちは、にっこく写真部・部長でございます。

9月中旬。
仲間内でとある居酒屋へ

いつも通り、酒を酌み交わし酔いも回り始めたころ、こんなことを聞かれました。
「長野で美味しいそば屋は多いが無形民俗文化財になっている、『はやそば』を食べた事が有るか」

弊社・インターネットサイトの「季刊そばの国だより」には、「はやそば」の話題を載せていた記憶が有りましたが、
私は実際食べた事がありませんでした

★☆★「はやそば(早蕎麦)とは」★☆★
長野県栄村秋山郷と山ノ内町須賀川に伝わる、ゆでた千切り大根に水溶きそば粉をからめた全国的にも珍しい郷土食。早蕎麦と呼ばれるのは簡単に短時間でできる故。
季刊そばの国だよりの記事はこちら

酒席の場で「勉強不足なんじゃないの」と言われ、恥ずかしいやら悔しいやら。
そば談義に花が咲きましたが途中からお酒の量が一定量を超えたので自分で何を言ったのか、何を聞いたのかよく覚えていませんがとにかく悔しさを残したままその日は帰宅。

翌日早々インターネットで「はやそば」について調べ、その週末に妻と、はやそばを食べに行きました。

道中、少し寄り道。
にっこく写真部としては周辺に何処か良い、撮影スポットがないかと探していると隣の木島平村(やまびこの丘公園)にてダリア祭りが開催されているとの情報を入手。

木島平のダリア祭りは午前中に回り、大変良い写真が撮れ大満足。ご覧の通り、当日は秋晴れで色鮮やかな花々が一面咲き誇り、いつまでも見ていたい素晴らしい風景でした。

blog_141003_01.jpg

そして本来の目的地、そば専門店「栄忠」さんへ(13:30到着)
私は はやそば御前を注文。写真左下の大きな器が「はやそば」です。

blog_141003_02.jpg

妻はもろそばを注文。
blog_141003_03.jpg
ご覧の通り、どちらもすごいボリューム。
見てびっくり、大食いの?妻も残すぐらいの量で大満足の1日でした。
blog_141003_04.jpg
これが「はやそば」かと納得・勉強をさせていただいたと共に大変すばらしい信州の秋の一日でございました。これで仕事仲間とも、より熱いそば談義が出来そうです。
皆様も信州へお越しの際は是非この「はやそば」をお試しください。


ついでにそばの話をもう一つさせてください。
そばは「つなぎ」を使って麺にするのが一般的ですがその材料も地域によって様々。
舞台は新潟県。(今回は信州のお隣へ)
一軒目は十日町市でいただいた「フノリ」を使う「へぎそば」。
二軒目は津南町でいただいた「フノリ」と「オヤマボクチ(山ごぼう)」を使うおそばです。

先日、出張で新潟方面に行く機会があり新潟県・十日町市の名代由屋さんで「へぎそば」をいただきました。
「へぎそば」は「フノリ」をつなぎに使う新潟県魚沼地方(十日町市を含む)が発祥とされるおそばです。
「フノリ」とは海藻の一種で乾燥させてさせたものを数分間水に浸して戻し、そばの「つなぎ」に使います。
blog_141003_05.jpg
お店の入り口にはなぜかウルトラマンがお出迎え。これは何の為にあるのでしょうか。インパクトがあって絶対忘れませんね。

さて、肝心のおそばです。
見るも鮮やか、みずみずしいおそばです。早く食べてみたいと思う気持ちを抑えてシャッターを切る。
blog_141003_06.jpg
この美味しさ、どう伝えて良いのか。
言葉選びに苦労しますがツルツルで腰が強く、のど越しの良いとても美味しいおそばでした。

続いては新潟県中魚沼郡津南町に有る、かねさま蕎麦津南駅前店さんです。
blog_141003_07.jpg

こちらのおそばの「つなぎ」は「フノリ」と「オヤマボクチ」を前述の通り使用しているとのことです。
普段よく食べる「小麦粉」をつなぎにしたおそばの食感とも違い、柔らかくも、硬くも無くツルツルのど越しの良いおそばでした。
blog_141003_08.jpg

「つなぎ」の違いは気候や風土、地域性が関係しているのではと帰路考えさせられました。
一軒目の十日町では「フノリ」を使う「へぎそば」、南へ来た津南町での二軒目では「フノリ」と「オヤマボクチ」を使う。
津南の更に南の長野県飯山市には「オヤマボクチ」のみを使用した「富倉そば」。
色々調べたら何かもっと面白そうだと感じました。

一口に「そば」と言っても本当に奥が深い。
そば粉、つなぎ、食べ方・・・。色々の違いを楽しめるのも「そば」ならではの楽しみの一つではないかと改めて関心致しました。

以上、次回をお楽しみに。

2014/09/30

ニッコクグラフ第20号~今年最後の【スーパームーン】~

少し前のことになりますが、ご了承ください。。

2014.09.09
中秋の名月の翌日に見えたのは、今年最後のスーパームーン。
スーパームーンとは・・・
「地球から見た月が最大になること」

雲が少なかったこの日、帰宅後すぐにベランダにスタンバイして
手動インターバル撮影に挑戦しました!

インターバル撮影とは、カメラを定点に固定し、一定の時間の間隔で
連続して写真を撮ることです。その写真をつなぎ合わせて動画にすると
パラパラマンガのような映像になります。
最新のカメラでは自動でインターバル撮影ができるようです!携帯のアプリでも撮影可!

これが撮影必需品。

blog_140926_01.jpg
カメラのシャッターを直接押すとぶれる可能性があるので、
リモコンでシャッターをきります。

今回は手動です・・・ストップウォッチ片手に30秒に一度シャッターきって
30枚くらいの写真をつなげて動画にしました。

じっとしていることができない私は、何度かカメラの三脚を蹴り飛ばし、
せっかく途中までうまくいっていた撮影をおじゃんに・・・
1時間ねばって、結局15分間分の月の動きしか撮れませんでした。トホホ

ということで枚数は少ないですが、月が動いていく様子を
撮影することができました!



なんせ孤独な撮影作業。そんなとき
「みてみて~おっきいお月さん!手が届きそうだね!」
という親子の会話が聞こえてきて、とてつもなく癒されたのでした。

そして撮影から数分後、月は雲の中へ・・・・

いつもより輝いてる月にパワーをもらい、今日も元気に仕事仕事!

ちなみに次にスーパームーンを見ることができるのは、な、な、なんと!
2015年9月28日!!1年も先です。

お天気が良くなることを祈って・・・
以上、にっこく写真部、馬場がお届けいたしました。

2014/09/27

秋の訪れ

心地良い風、キンモクセイの甘い香り、そしてもうすぐ目にも美しい山々の紅葉です。
いよいよ秋の訪れを感じる季節となりました。
この秋、長野県内では各地で様々なイベントが開催されております!

先日、ドライブに出かけ長野県山ノ内町で開催された「法印さんとそばの花祭り」にお邪魔してまいりました。

当日は絶好の秋晴れ。
会場へ向かうとすばらしい風景が!

blog_140917_01.jpg
写真の左後方には高社山(こうしゃさん)、右には一面のそば畑です。可憐な白い花を咲かせる「そばの花たち」と、のどかな風景に癒されました。

地元の方々が出店して食事をいただけるということで、『早蕎麦(はやそば)』というメニューを注文しました。
早蕎麦を頂くのは初めてだったので食券を買う際にどんな料理なのか伺いました。
中に千切りにした大根が入っていて、そばがきに絡めて食べるとのこと。その名の通り、短時間で簡単に出来る料理とのことでした。
blog_140917_02.jpg
素朴なそばの香りにシャキシャキとした大根の食感が新鮮でとても美味しかったです。
後で知りましたがこの「早蕎麦」昔からこの地で食べられてきた伝統的な料理とのこと。長野県の重要無形文化財にも指定されているそうで、大変貴重な経験となりました。
日穀製粉の『季刊そばの国だより』にも記事がございますので下記よりご覧いただけます。
記事はこちら

法印さんもこの笑顔です。
blog_140917_05.jpg


午後は野沢温泉村に足を延ばしました。

文字通り、野沢温泉だけだけあって、お目当てはもちろんここです。
そう、温泉です!
blog_140917_03.jpg

その後、地元で作られているという『そばビール』をいただきました。
以前から実は気になっていたクラフトビールの一つで是非飲みたかった一杯です。コクがあって蕎麦らしい香ばしい香りでした。熱いお湯の後のビールは格別です。
もちろん帰りは後部座席ですv("v")v
blog_140917_04.jpg
秋の深まりと共においしい食べ物が盛りだくさんの季節になって参りました。

さて日穀製粉は今年の秋、各種イベントに参加をさせていただく予定でございます。
後日、当ブログでも発表させていただきますので、よろしくお願い致します!

2014/09/04

水出し韃靼そば茶のアイス茶漬け !!

残暑厳しい夏はどこへやら…。
今年は早くも秋の到来を感じてしまう、そんな風が吹いておりますね。

巷では『アイス・バケツ・・・』が流行しておりますが、『アイス・チャヅケ』をご紹介致します。
水出し韃靼そば茶を使用しての「アイス茶漬け」です!(タイトル通り)
余談ですが、くれぐれも”アイスクリーム”は使わないでくださいね・・・。

本来であれば『残暑にぴったり…』とご紹介させていただきたかったのですが・・・。
まだ夏が名残惜しいですね。

さて、レシピ紹介です。

■作り方(すごく簡単です)

必要なもの
・ご飯
(可能であれば予めご飯を洗うと、お米一粒一粒がシッカリとしてサラサラといただくことが出来ます!)
・水出し韃靼そば茶(商品情報はこちら)※事前にお茶にしておいてください。
・お茶漬けの素
・氷
・お好みのトッピング(今回は昆布とシラス)

所要時間:2~3分

一、ほかほかのご飯を器に盛り付ける。
blog_140902_01.jpg

二、昆布をのせる。
blog_140902_02.jpg

三、シラスをのせる。
blog_140902_03.jpg

四、お茶漬けの素をふり掛ける。
blog_140902_04.jpg

五、氷と共に水出し韃靼そば茶をかけて完成!
blog_140902_06.jpg

水出しそば茶の香ばしい香りがひんやりとした食感によく合います。

調理時間が短く、冷蔵庫の余った材料で簡単に作ることができるメニューです。
忙しいときや小腹がすいたとき、お酒のシメにもどうぞ!
『アイス茶漬け』をお召し上がりの際は是非、水出し韃靼そば茶をご指名ください!!

【インターネットからのご注文(24時間受付)】
日穀製粉オンラインショップより受け付けております。

日穀製粉オンラインショップ


【お電話でのご注文、商品に関するお問い合わせ】
日穀製粉株式会社
TEL. 0120-25-4157
受付時間:9:00~17:00(土・日・祝日及び弊社休業日を除く)

2014/08/25

元気 〜踊れ!燃え上がれ!長野びんずる〜

お盆も過ぎましたが、まだまだ暑い日が続きますね。

今年は特に暑い!(私は毎年思うのですが・・・)と感じる今日このごろですが、その夏真っ盛りの8月2日に
我が日穀製粉は第44回長野びんずるに参加してまいりました。
blog_140821_01.jpg
今年で44回を数える長野びんずるは長野市を代表するお祭りとして愛されております。

長野市中心部は大通りのほとんどが、びんずる踊りの会場となるため参加者や見物客で大賑わいでした。
こちらは長野大通り会場での『日穀連』です。
出発前にパチリ!まだ涼しい顔してますね。
踊りは2時間半ほどですが履き慣れない足袋、日中の気温で熱せられたコンクリートが疲れを増幅させますが
みんな最後まで笑顔で踊るために頑張ります!!
blog_140821_02.jpg

こちらは小山社長と今年初参加のフレッシュな面々でーす!

準備オッケーイ、いざ出陣です。
blog_140821_03.jpg

18:30。
いよいよびんずる踊り開始です。
みんな踊りを通じて自分らしい楽しみ方をそれぞれ表現しました。
笑顔で踊って、疲れたら冷たいビール!
もう最高ですね〜!!

blog_140821_04.jpg      

そーれっ!の掛け声に合わせてみんな最後まで必死に踊りました。
途中から生憎の雨も振りましたが、お構いなし!
連長と副連長が交代でみんなを懸命に引っ張りました!
こちらは気合を入れる副連長。みんな最後までよくがんばりましたよ〜blog_140821_05.jpg
こちらは気合を入れて踊る副連長。
みんな最後までよくがんばりましたよ〜!!

blog_140821_06.jpg

今年も本当に楽しい長野のびんずるにすることが出来ました。
参加者全員が笑顔で最後まで踊りを続けることが出来て本当に良かったです。普段の日常生活では味わえない楽しみや感動が全員の心に刻まれたはずです・・・。

来年は松本ぼんぼんに参加予定です!よろしくお願い致します!