日穀製粉ホームページへ 季刊そばの国だよりトップへ

2009年6月1日 【休刊のお知らせ】

平成11年より発行してまいりました「季刊そばの国だより」ですが、創刊から10年・40号という一つの節目として、しばらくの間休刊させていただくこととなりました。10年に渡り、読者の皆様、ご寄稿いただいた執筆者の皆様には多大なるご支援を賜り、心より御礼申し上げます。今後、本誌の方向性を検討していく中で、復刊を目指すべく努力する所存です。今後ともよろしくお願い申し上げます。

最新号表紙

今号の表紙

そばの国の南端、「神の村」と称される天界の郷には隠れたそば処があった。

そばの国を、学ぼう。

飯田市で「信州大そば」の生産拡大と普及を目指す「飯田そばの会」

そばの文化史

【遠山郷のそばだんご】サンマ入りそば焼餅

 

 

 

 ≪Vol.40≫ 2009.06.01

そばの国の南端、「神の村」と称される

天界の郷には隠れたそば処があった。

そばの国信州の南端、遠山郷と呼ばれる南信濃と上村(ともに飯田市)は、遠山川沿いに日本の原風景と手つかずの自然が広がり、「秘境」と呼ぶにふさわしい場所。 

しかしかつては遠州秋葉山への信仰の道「秋葉街道」が貫き、多くの人が行き交いました。 3000m級の南アルプスに抱かれ、神々しい自然と信仰の深い上村は「神の村」と称され、中でも標高1000mを越える下栗地区は「天界の郷」「日本のチロル」などと呼ばれています。

下栗は山間のやせた土地ゆえ米の栽培が難しく、粟、稗、黍などが今だ栽培される雑穀の地、 もちろんソバ栽培も昔から盛んで、かつては焼き畑でソバが作られました。 黒い実がポツポツできたのを見て収穫、刈ったソバはハザ掛けし、 十月中旬を待って食する古風な刈り時期と方法を今だ続けていることが知られています。 もともと南信州は天竜川沿いに水田地帯が発達した地でそば作りは盛んに行われませんでした。 遠山郷は良いソバが採れるにも関わらずメジャーな産地になる機会に恵まれませんでしたが、 よいそば粉と、南アルプスの恵まれた名水でそばを打つ彼の地は、 まちがいなく信州を代表するそば処であります。

 

2009.06.19

Vol.40を掲載しました。

2009.06.12

Vol.39を掲載しました。

2009.01.15

Vol.37〜38を掲載しました。

バックナンバー

そばの国を、学ぼう。

そばの文化史

そば学入門

そば紀行

おいしいそばの簡単レシピ

下記のリンクから日穀製粉のお問い合わせフォームをご利用ください。

>>お問い合わせフォームへ

 

 

 バックナンバー | そばの国を、学ぼう。 | そばの文化史 | そば学入門 | そば紀行 | おいしいそばの簡単レシピ | トップページ |