あっ日穀製粉のそばの国だより

豊かな自然に囲まれたそばの国信州から、日穀製粉が様々な情報をお届けします。

2018/07/24

ファームめぶき 2年目が始動!

みなさん、こんにちはファームめぶきの丸山です!

昨年、発足した「ファームめぶき」は2年目を迎えました!
今年は昨年と比べて栽培面積が約2倍になります!借地面積がかなり広くなり、責任も重くなりますが、
やりがいも2倍!(いや、それ以上!)事業としても非常に重要な一年となります。
それでは駆け足となりますが今年の2月から6月にかけての様子を一気にご紹介いたします!

■2月
2月15日。この頃の河鹿沢(かじかざわ)地区はまだ雪景色でした。
今年は雪が少なかったですが、寒さが厳しく東条ダムも凍結しました。(写真下)
水が勢いよく流れているように見えますが、実は凍結しているんですよ!
blog_180712_01.jpg


■3月
今年借地契約を新たに結び、増えた土地1.7haを整備しております。
順調にいけば7月中にも引き渡しという予定です。引き渡し後は、韃靼そば栽培を予定しております。
blog_180712_02.jpg

3月27日。いよいよ雪解けの季節となり、畑もようやく地面が見えるまでとなりました。
遠くには美しい北アルプスが見えておりました。
春ももう間近です。
blog_180712_03.jpg

■4月
4月17日。昨年、冬になる前に一度取り外した看板の取り付け作業を行いました。
blog_180712_04.jpg

4月22日。地元の河鹿沢常会の方々と共に村道の側溝の一斉清掃作業をいたしました。
昨年の秋から今年の春までにかけて落ち葉などが大量に堆積しており、体力的に厳しい作業でしたが、
片付いた側溝をご覧ください、スッキリしました!
blog_180712_05.jpg

■5月
5月16日。今年新たにお借りすることになった青木村当郷官社地区の耕耘と播種の様子です。
こちらでは「タチアカネ」という品種のそば栽培に挑戦します!
【タチアカネそば】とは
長野県青木村のご当地そばで、タチアカネと呼ばれる赤い実をつけるそばの品種を使用しています。
(引用:日穀製粉HP内「用語辞典」より)
相棒の羊くん達!?も大活躍です。
blog_180712_06.jpg

5月21日。こちらでは、若葉粉末向けそばの播種作業をしております。
blog_180712_07.jpg

5月24日。先日播種をした、青木村東郷官社地区の「タチアカネそば」の発芽を確認しました。
blog_180712_08.jpg

5月25日。韃靼そばの播種作業開始と同時に草刈作業が本格的にスタートしました。
畑が各所に点在しており非常に慌ただしい日々となっておりますが、安全第一で頑張っております。
blog_180712_09.jpg

こちらも今年新たにお借りすることになった筑北村小仁熊地区の畑ですが、草刈と木の伐採をいたしました。
そこかしこに茂る、草や木々たちとの終わりの見えない作業(戦い?)でしたが粘り強く作業をいたしました!
blog_180712_10.jpg

同じく小仁熊地区の耕耘作業の様子です。
耕耘完了後、畑を見渡すと立派な"畑"に見えてきました。
苦労して開墾した甲斐があったな~と大いに達成感を得られました!
blog_180712_11.jpg

5月中旬頃播種をした夏ソバも順調に生育しております。
播種後およそ40日でほぼ満開、ミツバチたちも飛び交い順調そのものです!
blog_180712_13.jpg

青木村東郷官社地区タチアカネそばの畑です。
こちらは播種後およそ41日で背丈約70~90㎝程となり、実が茜色に色づき始めました(全体の1~2割程度です)
blog_180712_14.jpg

5月25日。若葉粉末にするためのそばの刈取りを開始しました。
昨年は手作業で刈り取りを行いましたが、今年は試験的に機械による刈取りを試みました。
まだまだ改良の余地ありです。
blog_180712_15.jpg

前日までの機械刈りが思うように進まず、手刈りにて作業を進めました。
手作業はやはり大変ですが、刈り取りの際そばを手に取るととても瑞々しい印象でした。
虫やカエルなどの生き物も多く、自然と調和した本当にいい畑です!
blog_180712_16.jpg


以上、駆け足で6月までの様子をご紹介しました。(長くてすいませんでした!)
今年は季節がハッキリしており、また天候にも恵まれてここまで作業は順調に進んでおります。
今は夏の暑さだけが気がかりですが、良いそばが生産出来るよう張り切ってまいりたいと思います。

次回もお楽しみに!

2017/11/22

ファームめぶき 活動報告 2017年9月・10月

みなさん、こんにちはファームめぶきの丸山です!

ファームめぶきの畑があるここ筑北村では、ここ最近は霜も降りるようになり、もうすぐそこまで冬が迫っていると実感するほど寒くなってきました。
現在、畑での作業もひと段落したところですが来シーズンに向け様々な計画や取り組みをするための準備をしております!
それでは9月、10月の活動報告をさせていただきます!

■9月13日(水) 普通そば畑視察・草刈り
blog_171115_01.jpg
少し前まで満開だったそばの花にかわって、そばの実が付き始め、日に日に薄茶色に変化し始めています。

また、ご近所の田んぼでは同じ時期に稲刈りが始まりました。
blog_171115_02.jpg
県内でも近頃は、収穫から乾燥までを機械で行っている農家さんも多くなってきました。効率で言えば、確かに機械の方がはるかに時間も労力もかからないでしょうが、筑北村ではお米をより美味しく作るため、刈り取った稲穂を木の竿に掛けて天日干し(はぜ掛け)を行っている農家さんがたくさんいらっしゃるようです。
※「はぜかけ米」は乾燥機で短時間で乾燥させたお米と違い、時間をかけて天日乾燥させることでゆっくりと水分が抜け、しっとりとしたお米に仕上がるといわれているそうです。

■10月2日(月) 普通そば収穫
blog_171115_03.jpg
夏真っ盛りの8月5日に播種をしたそばの刈り取りをこの日行いました。計5人がかりで機械を使わず、全て手作業で刈り取り!今回収穫したのは早熟の品種で通常より2週間近くも早く収穫が出来たのですが、出来も良くまずまずの収穫量。ある程度の量をビニール紐で束ねて、畑に敷いたブルーシートの上で約1週間ほど自然乾燥させていきます。

■10月5日(木) 韃靼そば収穫
blog_171115_04.jpg
韃靼そばとしては今シーズン最後の刈り取りを行いました。刈り取った韃靼そばの実はすぐフレコンと呼ばれる袋状の入れものへ入れ、それを横付けしたトラックに載せて、日穀製粉の松本工場へ。夾雑物(小石や茎など)を取り除く機械に通し、この日収穫したものは全て乾燥まで終えました。

■10月10日(火) 
blog_171115_05.jpg
10/2に収穫し、自然乾燥させていた普通そばをトラックへ積み込み、日穀製粉松本工場へ。
以前より乾燥も進み、色も茶褐色になりましたが少し水分量が多かったため更に数日の間、追加乾燥をすることになりました。乾燥後は脱穀作業を行い、続いて小石や茎などを取り除くため唐箕(とうみ)という機械にかけ、全て手作業で行いました!労力は掛かりましたが良い製品に仕上がりそうです。

■10月15日(日) 日穀製粉新そば祭りに参加
blog_171115_06.jpg
この日は朝採りの野菜を軽トラックに積み込んで日穀製粉の新そば祭りに向かいました。
生憎の天候となり、来客数も心配されましたが多くのお客様にご来場いただきました!
筑北村の野菜は大変好評をいただき、ほぼ完売!
これまでは通信販売でのみ数量限定の野菜販売をしていましたが、お客様と直接お話をしながら販売をさせていただき、私自身も大変楽しむことが出来ました。

北アルプスには早くも雪が降りました!こちらの畑も標高はおよそ1,000mほどありますので、もうすぐ雪が降る季節です。冬期間はほぼ畑仕事は出来ませんが、来年への準備・計画する時間に充て、頑張っていきたいと思います!
blog_171115_07.jpg

先日「まち冒険」というサイトの【キーマン紹介】というページに掲載いただけるということで取材を受けました。
ページを拝見すると私以外にも日本全国で色々な方が地域に根差した取り組みをされて頑張っていらっしゃる様子を垣間見ることが出来ます。
今後も地域に根差した活動を通して少しでも筑北村に貢献できればと思います。
皆様、よろしくお願いいたします!
↓↓↓私の紹介ページは下記URLをクリックしていただくご覧になれます↓↓↓
(※外部サイトへジャンプします)

【無我夢中でそば栽培 丸山元嗣】
https://machibouken.com/keyman/detail/330

2017/09/28

ファームめぶき 活動報告 2017年8月

みなさん、こんにちはファームめぶきの丸山です!

夏から秋へ。季節の移り変わりで体調管理が難しい季節となりました。日中は暑くても、夜から朝方にかけては少し肌寒いですね。
でも秋と言えばやはり、月がとてもきれいに見える季節!
月が輝く夜に虫たちの奏でる鳴き声に耳を傾けるのは秋ならではの楽しみです。
それでは8月の報告をさせていただきたいと思います!

■8/3(木)
この日はファームめぶきが監修する日穀製粉の通信販売企画 「信州・筑北村 野菜の頒布会」の発送準備をおこないました。

豊かな自然環境に恵まれた筑北村で育った自慢の野菜を現地で一つひとつ確かめて、農家さんから直接仕入れています。
blog_170912_02.jpg

現地の農家さんから仕入れた野菜はその日のうちに箱詰め。
お客様に喜んでいただけるよう願いも込めます!
blog_170912_03.jpg
野菜の仕入れから発送まで手探りの状態からスタートしましたが、何とか初回出荷をすることが出来ました。
8月から11月まで旬の野菜を厳選してお届けする期間限定の野菜セットとなりますが、これからも地域の農家の方々が丹精込めて作った野菜を全国の皆様にお届け出来るお手伝いが出来れば幸いです。

※こちらの野菜セットは日穀製粉の通信販売専用商品です。
大変ご好評をいただいており、10月発送分までは限定数の上限に達したため受付を終了いたしました。
11月発送分につきましてご希望の方は、下記フリーダイヤルまでお問い合わせください。
(※残り僅かですので、ご希望の方はお早めに!)
日穀製粉株式会社 受注センター: TEL 0120-25-4157 受付時間は平日/9:00~17:00

■8/5(土) ジャガイモの収穫
河鹿沢地区にある畑で、次月以降の野菜便に同梱する予定のジャガイモを収穫致しました。
blog_170912_10.jpg

鍬(くわ)を使って土を掘り起こすと、ゴロッとした大きなとジャガイモが次々と出てきました。
blog_170912_11.jpg
大きさは不揃いですが、重みのあるしっかりとしたジャガイモを収穫することが出来ました。

■8/23(水) そば刈り取り
播種からおよそ90日。待ちに待った刈り取りの日がやって来ました。パワフルな動きでどんどん刈り取って行きます!
blog_170912_05.jpg

農業に携わる人間にとってやはり収穫が一番嬉しいです。大地の恵みに感謝!
コンバインのおかげで効率的に、より多くの収穫作業を行うことが出来ました。
blog_170912_06.jpg

来月もそばの収穫作業がメインとなりそうです。
(台風が来ないことを祈ります!)
実りの多い収穫の秋となるよう願うと共に、しっかりと準備も進めてまいりたいと思います!
blog_170912_09.jpg
ファームめぶき 丸山

2017/08/28

ファームめぶき 活動報告 2017年7月

みなさん、こんにちは!ファームめぶきの丸山です。

毎日蒸し暑い日々が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
我々のそば畑がある長野県筑北村は、曇りや雨の日が多く、ここ最近はスッキリしない天候が続いております。
ただ、農作業中に時折感じる、涼しく爽やかな風は高地ならでは「癒し」であり、「楽しみ」でもあります。
雨はそばにとって、文字通り"天敵" !?。
夏のギラギラした太陽が少しばかり恋しい、そんなことを思う今日この頃です(>-<)

■7/6(木)~7/7(金) そばの若葉刈り取り(筑北村河鹿沢地区)
・7/6(若葉刈り取り:1日目)
この日は朝7時頃から若葉の刈り取り作業を行いました。
日穀製粉の若手社員が「農業活動体験」の一環として加わり12名で畑に入り、鎌を使って手作業で刈り取りを行いました。
blog_170810_01.jpg

blog_170810_02.jpg

・7/7(若葉刈り取り:2日目)
この日は前日より多い総勢22名で作業開始です!人数が増えた分、作業もスピードアップ!
2日目の様子は別途書き上げたブログ記事のページがございます。(⇒記事はこちら
blog_170810_04.jpg

blog_170810_05.jpg

blog_170810_03.jpg
2日間で、およそ4トンの若葉を収穫しました!
収穫したそばの若葉は日穀製粉で取り扱う「ハイルチン」という製品になる予定です。
暑い中、手作業での刈り取りでしたが「ファームめぶき」として初めての収穫・出荷を無事に終えることが出来ました。
大地を耕し、播種・草刈りなどをして育て上げた「そばの若葉」が加工され、製品となって各お客様にお届けされることを思うと"達成感"と"嬉しさ"がこみ上げてきました。

■7/8(土)  播種 (筑北村河鹿沢地区)
前日の刈り取り後、トラクターで畑を耕す様子です。
blog_170810_06.jpg

そして播種。
この日も天候が良く無事作業終了です。
blog_170810_07.jpg

■7/24(月) 夏そば刈り取り (筑北村乱橋地区)
この日は夏そばの刈り取りを行いました。
blog_170810_09.jpg

数日後、今度は秋そばの播種を行いました。
blog_170810_16.jpg

■7/29(土) 筑北村夏祭り
この日は農作業を早めに切り上げて、村のお祭り会場へ向かいました。
生憎の雨となりましたがお祭りを楽しみにしていた、たくさんの方々が集まってお祭りを楽しんでいました。
blog_170810_14.jpg

信州ガレット振興会による、ガレットの出店もありました。
ガレットとは、フランス・ブルターニュ地方の郷土料理でそば粉を使用したクレープのことです。
blog_170810_15.jpg
いつか自分が生産したそば粉でガレットを焼いてみたい!?
新たな挑戦を考えつつ、お祭りは見事な花火が上がってフィナーレとなりました!

梅雨が明け、夏本番・・・と思いきや今年は全国各地で雨が主役の夏のようですね。
夏らしい太陽が戻る日を期待しているうちに、ここ最近はコオロギや鈴虫の鳴き声が聞こえ、季節は秋へと移り変わっていっています。
残り少ない夏を悔いの無いよう過ごしつつ、収穫の秋へと備えたいと思います。

ファームめぶき 丸山

2017/08/01

ファームめぶき 活動報告 そばの若葉収穫作業

みなさん、こんにちは!ファームめぶきの丸山です。

7月上旬にファームめぶきが管理する長野県筑北村のそば畑で、【そばの若葉の収穫作業を行いました!

若葉を収穫してどうするの??

収穫したそばの若葉は「ハイルチン」という製品になります。
⇒葉には多量にルチンが含まれており、パン、麺、菓子など様々な食品に少量添加することにより、充分なルチンが摂取できます。
※ルチンについてはこちらよりご確認いただけます。
刈り取って洗浄し、乾燥させた後に粉末状にして様々な用途に使うことが出来ます。


早朝から、お手伝いの方々と畑へ向かい、まずは刈り取り前に全体ミーティングをしました。
blog_170719_01.jpg

我々ベテラン組は毎年秋になると稲刈り(手作業)を手伝ったことのある世代ですが、若い方々は稲刈りの経験がない方も多いと思い、基本である刈り取りの方法から説明をさせていただきました。
blog_170719_02.jpg
そばの束を掴んで、刈る。単純にこの繰り返しになるわけですが、鎌の使い方一つにしても大変切れやすいので油断禁物です。

そしていざ、刈り取りを開始!
blog_170719_03.jpg
2~3人でグループを作り、畑の隅から刈り取りをしていきます。
若葉を刈り取る係と刈り取ったものを紐で縛る係で各グループ内で役割分担を決め、交代しながら作業を進めました。

我々ベテラン組は若い方々にはスピードではかないませんが、じっくり確実に若葉を刈り取っていきました。

梅雨の真っ只中ということもあり、畑から蒸発しているであろう水分と、時折顔を出す太陽の強い日差しの影響で大変蒸し暑い中での作業となりました。熱中症にならぬよう適宜水分補給の時間を確保し、声を掛け合って作業を進めました。


刈り取った若葉は配送の為、すぐに横付けしたトラックへと積み込みました。
トラックはこの日のうちに群馬県にある食品加工会社に到着。
※刈り取られたそばは洗浄した後、乾燥して粉末状にし、商品化されます。
blog_170719_04.jpg

Before:刈り取り前の畑(画像奥)はこちら。
blog_170719_05.jpg

After:刈り取り後の画像はこちら。
blog_170719_06.jpg

ご覧のとおり、そば畑の大半の若葉を刈り取りすることが出来ました。
そばの花が咲き始めてしまっているところや、葉の色が黄色などに変色していた区域は品質への影響を考慮し、刈り取りをせず残しました。

今回の刈り取りは「手作業」ということもあり、体力的には非常に負担が掛かる作業となりましたが、皆で協力し合いここまでしっかり刈り取りを出来たことは大変喜ばしいことです。

作業後は【打ち上げ】ということで皆で美味しい昼食をいただきました。
皆様お疲れ様でした!
blog_170719_07.jpg

ファームめぶき 丸山