あっ日穀製粉のそばの国だより

豊かな自然に囲まれたそばの国信州から、日穀製粉が様々な情報をお届けします。

2018/01/15

よいことは習慣にしよう!

いよいよ2018年(平成30年)がスタートしました。新しい年を迎え、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年も「あっ日穀製粉のそばの国だより」をどうぞよろしくお願いいたします。

2018年は今冬に冬季オリンピック・パラリンピック、夏にはサッカーのワールドカップが開催される年であり、スポーツファンならずとも大変楽しみな一年であるかと思います。

さて、毎年恒例とはなりますが、当社長野地区の新年会が先日長野市内で開催されました。
今回はその模様をお送りさせていただきたいと思います!

冒頭、永年勤続者表彰の式典では20名程の対象者が壇上で表彰されました。
社長から一人ひとりに賞状が手渡され、大きな拍手が沸き起こりました。
おめでとうございます!
blog_180111_01.jpg

続いて当社社長より社員に向けて年頭挨拶があり、
今年のグループスローガンである『よいことは習慣にしよう!』の話がありました。
よいことを習慣にする...。
自分にとって、皆さんにとって「よいこと」とはなんでしょうか??
私の場合は、
「早寝早起き」・・・生活リズムの改善!
「歩くこと」   ・・・運動不足解消とエコ!
と健康にまつわる部分でしょうか。健康は何ものにも代えがたいですからね!
blog_180111_02.jpg
依然として食品業界を取り巻く環境は厳しいです。何年先になっても生き残るためには何かに挑戦する!
些細なこと、小さなことから何かを始めようと私も思います。

年に一度、各事業所で働く社員が集まる交流の場としても大変有意義な新年会。
おかげさまで、今年も無事に開催出来た事に本当に感謝です。ありがたや、ありがたや~。

恒例のビンゴ大会やおいしいお料理の数々に会場からは常に大きな笑い声が溢れておりました。
blog_180111_03.jpg

ビンゴで商品が当たった方もそうでない方も、みんながハッピーな一年になるといいですね!
blog_180111_04.jpg

そして最後は三本締め!
「いよーお!」
パパパン、パパパン、パパパン、パン!
「よっ!」
パパパン、パパパン、パパパン、パン!
「もう一丁!」
パパパン、パパパン、パパパン、パン!
日本独特の風習ですが、手締めを行うと、気持ちよく宴会を締めることができますよね。

2018年もこだわりの製品づくりに励み、日穀製粉グループ社員全員が一丸となり全力で頑張って参ります。
本年もよろしくお願い申し上げます。

2017/11/08

紅葉狩りに行ってきました!

台風が接近していた先週末。
高山村の松川渓谷で、紅葉狩りを楽しんできました!(天気は残念でしたが。。。)

土砂降りの中、自宅を出て車を走らせることおよそ40分。
blog_171030_05.jpg
車を停めて、しっかり雨具を着込み、まずは紅葉がきれいに見られるというビューポイントへ。

こんな大雨の中でも自分以外にも4,5人の方が写真を撮っていました。
雨ではあるものの紅葉は本当に見事!
しばし、その場から離れられずに見入ってしまいました。
blog_171030_01.jpg
深いV字の渓谷に掛かる高井橋が映えます。
晴れていれば色のコントラストがもっとハッキリするかと思いますが、雨の日でもまた違った趣のある風景。
観光客もそこまで多くは無く、落ち着いた雰囲気であったので個人的には大変楽しむことが出来ました。


少し離れた林道も、また見事な紅葉でした。
blog_171030_03.jpg

どんぐりと落ち葉をただ並べただけなのに、何だかすごく秋らしい良い写真に。
blog_171030_02.jpg
近くには「華舞い 清水舞い 紅葉舞う(はなまい みずまい もみじまう)」の立て看板が。
良いですね、秋って。

目的も漠然としたまま、取りあえず家を出ただけという「無計画性」とは裏腹に
何だか高尚なショートトリップになりました。

雨にぬれ、手足がとても冷たくなってしまったこともあり、近くにある山田温泉・大湯へ向かいました。
すっかり冷えた体を癒してくれるのはやはり温泉。これもまた高山村の魅力の一つです!
最初はピリピリとするほど痛く、熱い!しかし、熱さに慣れてくると気持ちの良い湯に大満足!
blog_171030_04.jpg
しっかりと体も温まったところで、帰路へ。
振り返ると、堂々とした佇まいが温泉情緒を醸し出していました。

このところ長野県内も一気に気温が下がり、そろそろ冬の気配を感じる頃となりました。
残り少ない秋を皆さんも楽しんでください!

2017/10/31

第21回 日穀製粉新そば祭りを開催しました!

10月15日(日)に『第21回 日穀製粉新そば祭り』を開催しました!
たくさんのお客様にご来場いただき本当にありがとうございました。

blog_171019_01.jpg

昨年までは3年連続の快晴でしたが今年はあいにくの雨模様となりました。
しとしと降る雨も秋を感じますが、ちょっと寒かったです...。
過去の天気を調べてみると、当社のそば祭りは快晴が3年続いた翌年が曇り or 雨になることが多いようですので、きっと来年は晴れるはずですね!

さて、今年の新そば祭りで提供されたおそばはこちらになります。
手前味噌ではありますが、香りが良く、ツルツルとして美味しかったですよ!

blog_171019_02.jpg

自社商品はもちろんですが、おやきや焼き鳥、ガレット、すいとん汁などの飲食コーナーは時折行列ができるほどの人気ぶり!また、子ども広場では輪投げやくじ引きなどを楽しんでいただき、たくさんの笑顔に触れることができました。

blog_171019_03.jpg

イベントステージでは、毎年恒例のふれあい音楽祭を開催しました。
浅間火焔太鼓の皆さんの演奏は、例年通りすごい迫力!!演奏していただいた方々のエネルギッシュな表情が印象的でとても素晴らしかったです!
そして、野田裕子さんの奏でる二胡のやさしい音色に癒された後は、今回が初登場のベリーダンス。
(あれ、男性社員の観客が急に増えたような・・・??)
最後にはお客様と社員が入り交じってステージに上がり、楽しくベリーダンスを踊りました!

blog_171019_04.jpg

そして今回初の試みとなった「わんこそば大会」。
abn長野朝日放送 松坂アナの見事な実況に導かれ、参加した皆さんが次々とおそばを平らげていきます!

blog_171019_05.jpg

なかでも一番会場を沸かせたのは小学生部門で、優勝した男の子の記録はなんと35杯!!
この日の大人の男性トップは41杯、女性は30杯だったので、すごいですよね!
わんこそばに挑戦された方だけでなく、本場・岩手からお越しいただいた皆さまをはじめ、その場にいた全員の熱気で会場全体が包まれていました!

今年もたくさんのお客様にご来場いただき、おかげさまで盛況のうちに新そば祭りの幕を閉じることができました。来年もお客様の笑顔のために様々なイベントを企画する予定ですのでどうぞお楽しみに!!

2017/09/27

千歳の宮・秋祭り

日穀製粉本社が所在する長野市南千歳のお祭りである「千歳の宮・秋祭り」が先日開催されました!
(毎年お誘いをいただいて社内の有志で参加し、今年も老若男女問わず多く住民・企業の方も参加した地域のお祭りです。)
blog_170925_04.jpg
夕方6時半。
南千歳公園隣にある、お宮をスタートして多くの担ぎ手によってお神輿が長野駅前にやって来ました!
週末ということもあり、多くの人で賑わう駅前。たくさんの人が集まって祭りを盛り上げてくださいました。

続いて場所を移動し、長野駅構内のホールは法被を着た祭りの参加者で埋め尽くされました。
長野駅の駅長さんを迎え、下の画像は「木遣り」を披露する様子です。
blog_170925_01.jpg
毎年参加して思うことですが木遣り歌える方って、かっこいいですよね!
大勢が見守る中、緊張もされるでしょうが非常に大きな声でお祭りをリードしていただきました。

続いて獅子舞も披露され、祭りが更に盛り上がりました。
blog_170925_05.jpg

神輿はこの後も南千歳の町内にある企業や、個人宅へ向かいました。
時折吹く風が今年は例年より寒く感じましたが、アツい祭りはまだまだ続きます。
blog_170925_02.jpg
毎年祭りに出てようやく分かってきたこと(学習できたこと)、それはワッショイ!の掛け声とともに重要な【足踏み】です。
「右!左!右!左!」とテンポよくリズミカルに足を動かさないと前後の人との足並みが乱れ、足を踏んだり踏まれたりします。
私はそれに慣れる(気付く)まで苦労しました...。

各休憩ポイントでいただく食べ物・飲み物はどれも美味しく「力の源」となりました。
おにぎりや、おやき、揚げ物にお酒。終盤にはアイスなんかもあり、参加者のモチベーションは終始高いままだったのは言うまでもありません!
blog_170925_03.jpg

そして、お神輿がスタートしてして4時間半。ようやく千歳の宮に戻りました!
blog_170925_06.jpg
体の疲れとは裏腹に祭りの終盤でも参加者全員にメリハリのある空気が流れており、背筋を伸ばして手締めをし、祭りはお開きとなりました。
今年も無事お祭りに参加出来た喜びを感じると共に、来年も続けて参加出来るよう健康を心がけたいと思います。

2017/09/13

そば栽培観察日記2017 in 軽井沢工場(後編)

9月に入ってから気温もグッと下がる日が多くなり、すっかり秋めいてきました。
日穀製粉軽井沢工場のそばの花畑担当のWです!

7月中旬まで満開だったそば畑も見頃を終え、8月上旬には実がついて、
例年であれば、このあとトラクターで整地して今年の役目を終えるところですが、
「今年は収穫して乾燥までやってみよう!」ということで実践してみましたので、
7月上旬から収穫までの観察日記をリポートします。


7月上旬に満開となったそば畑。白い花と葉の緑で一面覆われていて、まだ瑞々しい印象があります。

blog_170911_01.jpg

上の写真から一週間後。徐々に花が落ちて茶色の実がつき始め、茶色や黄色などの色が目立ってきました。
blog_170911_02.jpg

この時点では実自体がまだ薄緑色をしてる部分があります。このあと徐々に黒化が始まります。
blog_170911_03.jpg
(※今回は収穫して乾燥で終わりとなりますが、通常はこの実の部分がそば粉やそば茶になります。)

少し見づらいですが、写真の真ん中あたりに黒いそば粒が見えます。
黒化が進み、実がギッシリと詰まっているせいか穂先が重くなり、地面近くまで垂れ下がっているものも多くありました。
blog_170911_04.jpg

大部分が黒化したところで、刈取り(収穫)作業をしました。
blog_170911_05.jpg

実のついていそうな茎だけを選別してブルーシートの上へ。今回は新たな試みとして次に乾燥をおこないます。
blog_170911_06.jpg

近所にある農業用ビニールハウスをお借りして、このままハウスの中で乾燥させ、待つこと10日...。
果たして結果やいかに。
blog_170911_07.jpg
乾燥後に穫れたそばの実は数キロほどで、思ったほど多くは収穫できませんでした。

やはり収穫を目的として考えると、そばの育成に適正な時期ではなかったことなどが主な要因だと思われます。
作業者の立場としては少し残念な結果ではありましたが、そば作りの大変さを改めて実感することができ、
大変勉強になりましたので良しとしましょう!(プラス思考あるのみ!)

今年は梅雨明け後も雨が多く、時には激しい雷雨を伴うこともありましたが順調に育ちキレイな花を見せてくれたそばの花たち。
来年も皆様に素晴らしいそばの花をお見せできるよう、(めげずに!)頑張りたいと思います!